FC2ブログ
2016-03-15(Tue)

18、世界遺産;厳島神社の概説 「清盛と平家納経」 






 18、世界遺産;厳島神社の概説 「清盛と平家納経」 



http://www.nishida-s.com/main/categ4/miyajima/miyajima.files/miyajima-heikenoukyou-yakuou.JPG


http://www.nishida-s.com/main/categ4/miyajima/miyajima.files/miyajima-heikenoukyou-kanji.JPG




「日本一周の旅の記録」へリンクします
 

平家の栄華を今に伝える「平家納経」とは、

厳島神社には平家の生み出した美の傑作である、国宝の「平家納経」が伝えられています。
これは長寛二年、清盛が平家の繁栄を願って厳島に奉納したといわれる三十二巻におよぶ経文のことで、制作には一門の一人ひとりが当たったとされています。

その豪華な装飾は他に比類を見ないもので、まさに平家の栄華の絶頂を示すものといえます。


現在は厳島神社宝物館に模写が展示されているので、ご覧になった方も多いと思いますが、各経文に華麗できらびやかな装飾が施され、神社に奉納する経文にこれだけの費用と手間をかけるものかと、驚嘆させられてしまうほどです。


平家納経というのは、平家一門が平清盛を中心として厳島神社に奉納した「法華一品経」。国宝。長寛2 (1164) 年の供養願文をもつ。「法華経」 28品,開経「無量義経」,結経「観普賢経」,さらに「阿弥陀経」、「般若心経」各1巻の 32巻に願文を合せた計 33巻から成るとされております。

此処で、神社にどうして仏教の経典を奉納するのかという疑問もあります。
清盛の時代は既に「神仏習合」といって、神仏が一体化されており、しかもほぼ神社の多くは寺の管理下にありました。

状態として仏教に取り込まれる形になってしまい、神道の神々も本地垂迹として仏の化身という解釈になりました。 ですから多くの神社では読経を行うことも本尊として仏を祭ることも普通にしていたわけです。 平民でも神社に祈願に行き、読経をするということがあります。

此の後に記載しますが、厳島神社は清盛が中国貿易のため、中国の観音信仰の聖地-普陀山(普陀落山)を模したとということが常識になっています。つまり貿易船が出航の時に無事を願い、帰航したときに無事を感謝する目印でもあったとしています。
これに倣って造られたのが厳島神社だとしています。
そのため本尊は宗像三神であり、弁財天、そして観世音菩薩でした。 この観音像は普陀山から伝わったとも言われています。



この平家納経にも、やはり一門の総帥である清盛の“美意識”が反映されています。
貴族にはないスケールの大きさと、武士のもっていない華麗さ、其れにその独特のセンスの中に併せ持っていたのが、それが清盛なのです。

因みに、平家の全盛時には六波羅や西八条などに邸宅を構えていた清盛ですが、六波羅の清盛邸の「泉殿」や、福原にあった別荘の「雪ノ御所」も、おそらく豪奢なものだったことに違いないでしょう。

これらは、平家都落ちの際に一門の手で焼き払われてしまい、現在では目で見ることはおろか、どこの場所にあったかも定かではないのです。



次回、 「厳島神社の地形的背景」

  
「日本の世界遺産の旅の記録」へリンクします







【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
seesaaブログ    fc2ブログ    gooブログ    googleブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行   東北紀行   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   九州の旅    日光讃歌

【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」



スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

関連記事



旅のリンク集
・・

orimasa2005

Author:orimasa2005
【旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
seesaaブログ
FC2 H・P   
gooブログ    
yahooブログ 



《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 
北海道・知床・・
大日光紀行と世界遺産の2社1寺群・・



ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・
八ヶ岳(1966年)・・
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)・・
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
お楽しみコーナー
, , , ,